2017年06月06日

高校の音楽授業

wipe off 2冊、
ノート10冊(wipe off導入前の生徒さん用)、
それと、6歳児に用意したテキスト4冊がドイツ🇩🇪よりairmailで届きました。

そして、中学生のインベンション導入のために選んだバロック作品数曲のコピー、
高校生の楽典のテキスト、
…が揃いました。
順次、お渡しします。


テキストは、近隣で手に入るものは保護者の方々にご購入いただきますが、
専門店や海外からの取り寄せは、こちらで手続きいたします。

・・・・・・・・・・

高校生の音楽の授業では、短いものながら作曲の課題があるそうです。
先生が作曲科や楽理科を出ていらっしゃるのかな?
中学3年間をかけ音楽の基本を学び作曲まで進む学校としては、
開成が有名ですよね。
聴音や楽典など満遍なく進めたり、
時間をかけてヴァイオリンをマスターしたり、
教会旋法を取り上げたり、
創設以来の合唱に多くの時間をかけたり、
音楽の授業は、学校の確固たる伝統や先生の嗜好で
内容が大きく異なるので話を聞くと面白いです。

・・・・・・・・・・・

教室facebook

アルバム🆙

講師ブログ🆙


posted by mf at 08:47| 東京 ☁| news | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする